何となく~雑感RSS

  • ピアノ柄手ぬぐいといえば斎染、

    手仕事のぬくもりをお届けする斎染です。

     

    FBで友達をさせて頂いている方よりの言葉。

     

    「美点を見つけて伝えることは

    精神的な成熟が必要だし、何よりも愛がある。」

     

    という言葉にえらい感動しました。

    まだまだ未熟な私ですが、思っていたことが、

    言葉として表現されていたので導かれた気がします。

     

    先日の見たテレビでも同じようなことを放送してました。

     

    ひとの「いいところを見つける」

     

    それが「自分のトレーニングにもなる」

     

    上司部下、先輩後輩、職業、男女などなど、良好な人間関係を

    保つ意味で「成熟した心」を育むことは大切です。

     

    「他人の欠点を指摘することは、いかにも、らしいことを言い、

    言った本人は優越感に酔うかもしれません。

    でも実は誰にでもできる幼い行為である。」

    このようにも、FB友達さんはおっしゃってました。

     

    その通りだと思います!!

    「こうじゃなきゃダメだ!うまくいっているお方はそう言います」

    でも、ただ言っているだけで責任持つわけでもないし、

    愛がありません。

     

    「寄り添う愛がなきゃダメ」ということですね。

    そして共に行動をすることだと思うのです。

    大人の階段を一歩上がった気がします。

     

     

    さて、明日もがんばろう!

    ありがとうございました。

     

    にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ
    にほんブログ村

  • ピアノ柄手ぬぐいといえば斎染、

    手仕事のぬくもりをお届けする斎染です。

     

    日吉町の「寿司 割烹・鈴政」さんの暖簾です。

    祖父の代からお世話になっております。

    文字(デザイン)は父が書いたのを受け継いで染めました。

     

     

    歴史を刻んできた証として、感慨深い思いでおります。

    いつも大将にはのれんのことを大切に思って頂いております。

    その心意気に感謝しております。

     

    さて、ずいぶん前に放送した

    NHKBS「cool japan  クールジャパン」より。

    「日本の布」をテーマに、そして日本のれんについて

    外国人の出演者がトークをしておりました。

     

     

    のれんを守る=家を守る。

    商いをする上で、のれんはとても大切なアイテムとして

    位置づけて欲しいと、染物屋としても思っています。

     

     

    のれんは日本固有のアイテム、使う人の想いが詰まったもの。

     

     

    のれんには「人の心、気持ち」が染み込むような気がします。

    また、

    お店をやっているという誇り、

    そしてお客様と歴史を刻んできた証にもなります。

     

    のれんを提げるという行為は、日本独自の文化、習慣です。

    それが「cool japan クールジャパン」

    そんな内容でした。

    外国人の方々がそう思ってくれている事に、

    日本人、手染め職人として誇りに思います。

     

    斎染では手仕事でのれんを染めております。

     

     

    日差しや、排気ガズ、

    雨風等の影響を受け使っているうちに生地が傷んだり、

    染め色が薄くなったりと劣化していきます。

    でもそれを風流と感じて頂けたら幸いです。

    そして単なる消耗品と思わず、

    愛着をもって寄り添って欲しいと思います。

     

    斎染も心を込めて染めますので、

    どうかよろしくお願いします。

     

    にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ
    にほんブログ村

  • ピアノ柄手ぬぐいといえば斎染、

    手仕事のぬくもりをお届けする斎染です。

     

    先日の山形新聞より。

    あー行ってみたかったです。

    お話し、ちょっとでもイイから聞きたかったです。

     

    デザインを得意としている方がホントうらやましいです。

    もちろんデザイナーさんのたゆまぬ努力があるからですが、

    自分の想いを商品にして、世に送り出せたらオモシロいだろうな~・・・

    染めながらそう思うのであります。

     

    ボクはデザイン力がないので、斎染ブランド商品は

    デザイナーさんの力をお借りしております。

     

     

    染めで表現できるデザインには制約があります。

    手の込んだデザインになると、どうしても楽な方向に行ってしまう、

    弱い自分の気持ちを正してくれるので、本当に有難いと思っております。

     

    また、ボクの固定概念をぶち壊すことをおっしゃってくれて、

    「その通りだよな~」と考え直すことしばしば。

     

    お互いが力を合わせて、「新しいもの」が生まれた時は

    「大変だったな~」と言いながらも笑顔になります。

     

    それを商品として送り出すには、

    また色々な準備が必要になる訳ですが、

    ブランディングするストーリーが明確にあり、

    お客様とのきっかけ、受け入れられる最初のアプローチが

    デザインであると思います。そして商品だけでなく、

    色々なものに「価値」を付けてくれます。

     

    その先の見る人、お客さんが見えてないデザインは、

    ひとりよがり・・・悲しい結果に終わります。

     

    私はデザイナーさんをリスペクトしております。

    新しいモノを生み出す為には、お力(コラボ)が

    必要なりますので、これからも、どーがどーが!

    まだ、お会いしていないデザイナーさんも

    よろしくお願いします。

     


    にほんブログ村

1 2 3 4 36

当サイトからご注文の場合はココをクリック

カード、コンビニ決済をご希望の
お客様はこちらのサイトをご利用下さい

 

minne 斎染 iichi 斎染 tetote 斎染 creema 斎染


 

宅急便での代引ができるようになりました!

ご要望の多かった配達時の代金引換に対応いたしました。
ぜひご利用ください。

 

PAGE TOP