2010年2月13日

上手にお付き合い

こちら獅子舞の幕を染めた生地です。獅子幕は何度か紹介させて頂きましたが神社によってデザインが異なりそれぞれに特徴があります。同じ柄の獅子幕はめったにございません。今回は麻生地を染めました。麻は綿よりも高価で細幅です。独特の風合いがあり、より「和テイスト」をかもし出しています。

そめやさんなので「染め」が注目されますが、他にも大事なお仕事があります。そのひとつは「縫製」です。「ぬいこ」さんにサンプルと同じように指定されたサイズに縫製してもらう指示を出す作業がミチコさんの役割です。細かい指図が必要となり、完成品が良いあんばいで仕上がる為にも重要なお仕事です。普段からの「ぬいこ」さんとのコミュニケーションが大切で、その人のクセを知ることが必要でもあります。ところが「染め物」は工程の中に洗い作業があり、生地がいったん水の中に入ります。その為乾かした後、生地の伸び縮みがあります。また「ぬいこ」さんは勿論手作業なので、出来上がりには多少の誤差が生じます。紙じゃないんだから数ミリの誤差も無くキッチリとはいきません。でもある程度生地の伸び縮み、縫製の誤差を計算して仕事はしてますけどね。

この麻生地は普通の麻とは違い「混紡」の様な風合いです。生地の種類(性格)によって染まり具合(発色)、風合い(手触り)が異なりオモシロいですよ。特に染まり方(色の付き方)なんて同じ染料で染めているのに生地によって色の差(濃淡)が出るんだから。それぞれ「仕事の性格」をつかみ、材料、気象条件、などと相談して日々の作業を行います。係わる全ての事と上手に付き合わないと最終的にはお客様にご迷惑をかけることになりますから~。 「北風さんと太陽さん」みたいなもんですね。

にほんブログ村 雑貨ブログ 和雑貨へ  情意投合 みんな明るくボチボチと!
にほんブログ村

コメントを送る

当サイトからご注文の場合はココをクリック

カード、コンビニ決済をご希望の
お客様はこちらのサイトをご利用下さい

 

minne 斎染 iichi 斎染 tetote 斎染 creema 斎染


 

宅急便での代引ができるようになりました!

ご要望の多かった配達時の代金引換に対応いたしました。
ぜひご利用ください。

 

PAGE TOP