2019年4月14日

何となく~雑感 「未来に希望が持てるように」

ピアノ柄手ぬぐいといえば斎染、

手仕事のぬくもりをお届けする斎染です。

 

大学の卒論テーマがコンビニ業界についてだったこともありまして、

最近、コンビニの時短営業の話題が目につきます。

当時は24時間営業や、斬新なPOSレジだったり、効率的な配送システム、

取り扱い品目の豊富さ等、コンビニの躍進ぶり、

優れた点がクローズアップされていました。

 

時代は流れ、コンビニは私たちの生活になくてはならない

存在となり、その便利さが当たり前と思うようになりました。

便利さの恩恵は、それを供給してくれている人のお陰で

成り立っていることをすっかり忘れてしまいました。

 

この度、オーナーさんの大変さ、過酷な労働状況を改めて知り、

業界の歪が浮き彫りになり、仕事に対する意欲や

新たに起業しようと思う人は、少なくなるだろうなぁ~と思いました。

 

どの仕事にも言えることだと思いますが、働き方の価値が変わった今、

「この仕事はやってて楽しいよ、働きがいがあるよ、

そして頑張れば豊かになれよ」といった、

未来への希望が無いと働く意欲は湧きませんよね。

もちろん決して「楽して儲かる」ことは一時的にあったとしても

長続きはせず、ほとんど無いと思います。

 

「クローズアップ現代」テレビでも言ってました。

三方良しに加えて「未来もよし」

慶應義塾大 教授、宮田裕章さんの言葉です。

 

 

一方だけ満たされ、

もう片方に不自由な思いをさせていると、

その仕事には良くない未来が待っているような気がします。

三方は「売り手、買い手、そして世間」を指しております。

それ以外の三方も、パターンとしてたくさんあると思います。

全ては循環している訳ですから、明るい未来がある、

循環の仕方をしなければならいと思います。

 

 

今回はコンビニ業界の話しですが、社会全体に通じることだと思います。

「しっかりとしたモノ作るから、値打ちこいてくれっ!」とある業界の

取引先との交流会で出た、作り手から販売する側へのお願いの言葉だそうです。

 

私人身も「染屋は楽しいよ、働きがいがあるよ、

そして頑張って豊かになれるよ」といったことを

言える様に、(もちろんしっかりとした仕事をします。)

今から(遅いくらいですが)考え、整備しないと

いけないと思いました。

 

毎度、つたない話にお付き合い頂きありがとうございました。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ
にほんブログ村

当サイトからご注文の場合はココをクリック

カード、コンビニ決済をご希望の
お客様はこちらのサイトをご利用下さい

 

minne 斎染 iichi 斎染 creema 斎染


 

宅急便での代引ができるようになりました!

ご要望の多かった配達時の代金引換に対応いたしました。
ぜひご利用ください。

 

PAGE TOP