2019年4月25日

何となく~雑感 「琴線に触れる」

ピアノ柄手ぬぐいといえば斎染、

手仕事のぬくもりをお届けする斎染です。

 

山形新聞で目にした言葉ですが、

「琴線に触れる」日本人らしい何とも繊細で上品な表現に思えます。

「感動や共鳴を与えること」という意味だそうです。

 

 

ここでは「傘福」のことに触れてます。そして

「五穀豊穣、子孫繁栄、地域の人々が紡いできた文化への理解の深まり」とあります。

 

庄内地方で毎年春、4月~5月に行われる、各地域でのお祭りも正にそれです。

民族芸能とありますが、このお祭りは地域社会、人と人との繋がりを

大事にしていた「昭和的」なテイストも含まれている気がします。

そして酒田人、庄内人としての「アイデンティティ」を覚えます。

 

 

 

後継者不足と言われて久しいですが、

平成の世に頻繁に言われた「費用対効果」や「効率」といったことを

求めるのはほどほどにして、令和の時代に合った、

老若男女が手と手を取り合って

育んでいくお祭りを取り戻して欲しい気がします。

そして、平成の時に失っていた何かを見直しながら続けていけば、

その世代なりに何とかやっていけると思います。

 

 

地域のお祭りではありますが、これを「傘福」のように

多くの方々に、例えば他県の皆様に発信できないものかと思います。

ストーリーを含め、県外、或いは外国の方々から喜んで貰えるように、

染物屋として役に立てるようにがんばりたいと思います。

もちろん、地域の方々のご尽力の賜物です。

無理のないところでお祭りが続いていくことを願っております。

 

まいどつたない話にお付き合い頂き

ありがとうございます。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ
にほんブログ村

当サイトからご注文の場合はココをクリック

カード、コンビニ決済をご希望の
お客様はこちらのサイトをご利用下さい

 

minne 斎染 iichi 斎染 creema 斎染


 

宅急便での代引ができるようになりました!

ご要望の多かった配達時の代金引換に対応いたしました。
ぜひご利用ください。

 

PAGE TOP