2019年6月6日

何となく~雑感 「染物がある生活とストーリー」

ピアノ柄手ぬぐいといえば斎染、

手仕事のぬくもりをお届けする斎染です。

 

きっかけは、お世話になっている

東京の 和雑貨花楽堂 のオーナーさんより

頂いたお話しです。

 

「私のお店で、ピアノ柄風呂敷を買ってくださったお客様。

お嫁さんによろこんでいただきたくて、

結納時、お菓子を包むのにこのピアノ柄の風呂敷を使われる

予定だそうです。

そしてのまま風呂敷も差し上げるので、

説明書があれば同封してほしい、

せっかくのお品なのでどのようなつくられ方か

お知らせできればと思っています。」

 

というお言葉頂きました。以前から斎染ブランドが誕生した背景を

伝えるツールが欲しかったのですが、

いろいろと雑事に紛れ、二の足を踏んでいた日常でした。

ピアノ柄シリーズをプロデュースしている

久松理子さん へ相談したら、こんなステキな「しおり」を

作って頂きました。しかも超速攻で(笑)

 

私の情報だけでなく、理子さんのストーリーもあります。

まさに「地元デザイナー」×「斎藤染工場」=斎染ブランドです。

 

「斎藤染工場さんは服とか着物を染めるのですか?」

よく質問されることです。残念ながら違います。

斎藤染工場は印染(しるしぞめ)屋です。

印染めとは旗、幕、のれん、幟、袢天、風呂敷、手ぬぐいなどに

固有の名称、文字、家紋、印、今でいうロゴなどを

染めつける染色をさす言葉です。

 

作られた染物、ひとつひとつに温もりがあり、

ストーリーがあります。

温もりを感じて頂き、ストーリーに共感して頂いた

お客様のお陰で、日の目を見ることができます。

 

この度、花楽堂さん、久松理子さん、そして斎染の想いを

しおりにしたためました。

これからも、印染、染物は生活の中にある身近なモノとして

存在していることを、たくさんの方々よりご支援頂けるように、

知って頂けるように発信して参りたいと思います。

 

毎度、つたない話にお付き合い頂き

ありがとうございます。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ
にほんブログ村

当サイトからご注文の場合はココをクリック

カード、コンビニ決済をご希望の
お客様はこちらのサイトをご利用下さい

 

minne 斎染 iichi 斎染 creema 斎染


 

宅急便での代引ができるようになりました!

ご要望の多かった配達時の代金引換に対応いたしました。
ぜひご利用ください。

 

PAGE TOP