2021年10月2日

何となく~雑感「無印良品に学ぶ土着化」

ピアノ柄手ぬぐいといえば斎染、

夫婦二人三脚の染物屋、斎染です。

 

土着、土着化という言葉があります。

意味は文化などがその土地にすっかり根付くさま。

土着のものになること。とあります。

酒田中町の無印商品のお店に行ってきました。

今、人気のレトルドカレーと不揃いバウムを買ってきました。

もうちょっと品揃えが多いと楽しめるなぁ~と素人ながら思いました。

 

先日テレビで無印商品のことを取り上げた番組を見ました。

無印と言えばシンプルで都会的というイメージがありますが、

金井会長は「地域の人と一緒になって、共有し合う中で街が変わっていく。

そういう存在になることが店舗の土着化、今までに無い超小売という存在」だと仰ってました。

染物が土着のものとして認識して頂く為にはどうしたら良いのか?

それはやはり常に思っている「地域、お客様との交流」だと思います。

デジタルな発信をしていく為に、まずはアナログな活動が必要であろうと思います。

そんな訳でほんの少しではありますが店舗の売場拡張、交流プランを実行していこうと思います。

事業の名前は「地域によりそう染物屋として、工場見学と映えスポットの提供」です。

その都度進捗報告はさせて頂きますので、温かく見守って頂けましたら幸いです。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ
にほんブログ村

当サイトからご注文の場合はココをクリック

カード、コンビニ決済をご希望の
お客様はこちらのサイトをご利用下さい

 

minne 斎染 iichi 斎染 creema 斎染 BASE 斎染


 

宅急便での代引ができるようになりました!

ご要望の多かった配達時の代金引換に対応いたしました。
ぜひご利用ください。

 

PAGE TOP