そめやの日常RSS

  • ピアノ柄手ぬぐいといえば斎染、

    手仕事のぬくもりをお届けする斎染です。

     

    「神社幟を掲げる場合は、周りに障害物、

     

    幟にぶつかるモノ、木々などの引っかかるモノが無いか、

     

    確認した後にして下さい。」

     

    斎藤染工場では破れた神社幟を修理致します。

     

    今回掲載する写真は修理後のアフター写真です。

     

    皇大神社幟の「大」の文字が破れた箇所です。

     

     

    ズームアップするこんな感じです。細かくミシン糸入っていること

     

    お判り頂けますよね(^^♪

     

     

    幟の裏側には「当て布」を縫い付けます。

     

    見た目は良くありませんが、お祭りの際に破れた状態で掲げるより、

     

     

    あるいは、揚げるべき「幟」が無いのは好ましくなく、

     

    数年後に新調するまでの「応急処置」という体で申し上げてます。

     

    またもう一例、こちらもアフター写真です。

     

     

    幟の下部、年号、奉納者が染められている箇所です。

     

    ズームアップ! 見た目以上に手間がかかります。

     

     

    裏側です。見た目以上に頭を使う、考える仕事です。

     

     

    まずはこれで新調するまでお使い頂きます。

     

    でも、修理しても新品同様とい訳にはいきません。

     

    幟の生地自体劣化してますので、その上に当て布しても

     

    長持ちしませんのでご了承下さいませ。

     

    最後にもう一度申し上げます。

     

    「神社幟を掲げる場合は、周りに障害物、

     

    幟にぶつかるモノ、木々などの引っかかるモノが無いか、

     

    確認した後にして下さい。」

     

    そしてお祭り当日の天気が晴れることお祈り申し上げます。

     


    にほんブログ村

  • ピアノ柄手ぬぐいといえば斎染。

    手仕事のぬくもりをお届けする斎染です。

     

    袢天に内ポケットの追加。

     

    お客様よりご依頼頂きました。

     

    今のご時世、お祭り、イベント中でもスマホは手放すことはできず。

     

    つい、最近リクエストを頂きました。

     

    数年前に収めた商品なので「後付け」になります。

     

     

    スマホのサイズはケース込でw8cm×h15cm

     

    ポケットのサイズは約w14cm×h24cm。生地は同系色の

     

    ストックされたもの。新たに染めた訳ではありません。

     

     

    マジックテープで「ふた」ができるようにしました。

     

    スマホにケースを装着しないで使う方には「ふた」が

     

    あることは嬉しいかも。「するっと」落ちること回避!

     

    袢天の表面にはポケットの縫い糸が見えることご了承下さい。

     

    プロトタイプといえばプロとタイプ

     

     

    完成といえばほぼ完成。

     

    これからお客様からどういった要望を頂くか、

     

    楽しみに待ちたいと思います。

     


    にほんブログ村

  • ピアノ柄手ぬぐいといえば斎染。

    手仕事のぬくもりをお届けする斎染です。

    一生の思い出として残る出来事でした。

     

    16日は全染研でお世話になっている先輩のお嬢さんの

    結婚式への招待を頂き、静岡県三島市まで。

    うなぎ1時間待ったけど美味しかったです(^O^)

     

     

    全染研(ぜんせんけん)の仲間と一緒に行ってきました。

    あいにくの雨でしたが、2人の愛はその雨を吹き飛ばし

    晴れやかな結婚式、披露宴となりました。

     

     

    んで、諸先輩方を差し置いて、私みたいなおとこが
    主賓挨拶をさせて頂きました。

     

     

    「ぬくもりを育み皆に愛される2人であって欲しい」

    という言葉を申し上げました。

     

    初々しい2人の姿は皆を笑顔にし、優しい気持ちにさせ、

    更に家族の愛で感動の涙に包んだのであります。

    最後は清々しい気持ちで式場を後にしました。

     

     

    また、この度は「あとつぎの」のお披露目の意味もあったと思います。

    それは後継者の為に準備、環境をしっかり整えてきた「主・あるじ」と

    主の気持ちを理解し、未来へ希望を抱く「後継者」

    お互いの信頼が成せること。

    言い換えると「責任と覚悟」の表れです。継ぐ側、継がせる側、

    各々が同じベクトルを向いて歩みだす一歩でした。

    今のご時世、家業継承は当たり前でなく、とても難しいことなのに

    とても素晴らしいことだと思います。

     

    あーほんとイイ結婚式でした。ありがとうございました。


    にほんブログ村

1 2 3 4 60

当サイトからご注文の場合はココをクリック

カード、コンビニ決済をご希望の
お客様はこちらのサイトをご利用下さい

 

minne 斎染 iichi 斎染 tetote 斎染 creema 斎染


 

宅急便での代引ができるようになりました!

ご要望の多かった配達時の代金引換に対応いたしました。
ぜひご利用ください。

 

PAGE TOP