2009年6月15日

負けに不思議の負けなし

勝ちに不思議の勝ちあり。

負けに不思議の負けなし。

江戸後期の平戸藩主、松浦静山(まつらせいざん)の言葉です。

「負けるときには、何の理由もなく負けるわけではなく、その試合中に何か負ける要素がある」

「勝ったときでも何か負けに繋がる要素があった場合がある」という意味だそうです。

ファイト! タクナン 

個々の成長は見られましたが、 これからはチームとしての成長を期待します。
にほんブログ村 雑貨ブログ 和雑貨へ
にほんブログ村 タクナンナイン、これからの活躍にポチットお願いします。
仕事にも同じことが言えます。子供達に負けないようにがんばらなきゃ!
41歳の誕生日に気を引締める斎染さんです。

コメント / トラックバック2件

  1. Rico より:

    お誕生日おめでとうございます!
    昨日は、野球の応援でしたか。
    子供達から、学ぶことって、たくさんありますよね。
    それから、下の斎染さんの書、とても素晴らしいです!
    それだけ書けるのですから、お休みされているのは、もったいないですよね〜。
    40代には、40代にしか書けない書というか、味わいがあると思いますので・・・。復活して欲しいなぁ〜。

  2. saizome より:

    「41歳の春だっから~ 元祖天才バカボンの・・・・」 
    リコさんありがとうございます。
    「親が親なら子も子」 「子が子なら親も親」
    反省しなければならないことがたくさんです(汗)
    書は復活したい気持ちはありますが心に余裕がありません。
    でもいつかは必ずと思ってます。

コメントを送る

当サイトからご注文の場合はココをクリック

カード、コンビニ決済をご希望の
お客様はこちらのサイトをご利用下さい

 

minne 斎染 iichi 斎染 tetote 斎染 creema 斎染


 

宅急便での代引ができるようになりました!

ご要望の多かった配達時の代金引換に対応いたしました。
ぜひご利用ください。

 

PAGE TOP